採用情報


図面描画から関連業者への指示まで、
幅広い業務を担当

内田 藤穂
入社:2015年
所属:生産技術部/システム技術課
  • 放送設備の一貫製作が魅力

    放送局や中継車の設備製作を一貫して行っていることに興味を持ち、入社しました。また、昇給・賞与、有給休暇といった制度がしっかりしている点にも惹かれました。入社後は、当社が製作した機器と、他メーカーの機器を繋ぐ設計(図面描画)を中心にさまざまな業務を担当しています。
    図面を描くだけでなく、実際に導入する現場で工事業者に指示を出して施工し、導入する環境までを構築することもあります。アシスタントとして関わるプロジェクトの場合は、図面描画や資料制作といった作業以外に、外注費の請求書処理といった事務作業、そして時にはケーブル製作のサポートを行っています。

  • 日常的な案件管理のシステムを構築

    パソコンが苦手で、エクセルも全く使いこなせない状態で入社したため、最初はとても不安でした。周囲の人に操作方法を聞いて覚えることで、やがてVBAや関数を駆使して、ボタン一つで大量のシール印刷やケーブル一覧表を作成できるようにし、さらに必要な部材の自動計算機能も追加できる仕組みを構築しました。
    今では、日常的な案件管理において不可欠な機能として他のスタッフも利用しており、業務の効率化に貢献することができました。
    設計から製造、システム構築までを一気通貫で行えるのが弊社の強みです。私はシステム技術部所属ですが、ケーブルで複数の機器を接続する際に不明な点があれば、ソフト設計や基盤設計の担当者に相談することで、素早い解決方法を導くことができます。一貫体制ならではの、各分野の専門家が揃っています。

  • 業務経験を通し、
    苦手な分野を武器に変えていく

    入社してすぐの頃、図面描画の作業が遅すぎて、全て上司に描いていただいたことがありました。その失敗から、ソフトのショートカットキーや便利機能を使いこなすことの重要性に気づきました。設計する上では、放送機器やケーブル特性などの知識が不可欠です。知らない情報に関しては調べながら描くことになるため、どうしても作業は遅くなります。そのため、スピード感を持って仕事をするにはソフトをいかに使いこなせるかがカギだと感じました。
    扱う資料も多く、最初は図面描画やエクセルに苦手意識を持っていましたが、必死で勉強するうちにやがて使いこなせるようになり、入社1年後には大きな武器になりました。不安を楽しさに変えることができ、自信も身に付きました。

  • お互いの意見を言い合える職場

    社員同士は距離が近く、とても仲が良い職場だと思います。堅苦しい雰囲気は一切ありません。ランチの時は、女性社員同士でおしゃべりをして過ごします。テニスやスケートボードで遊んでいる人もいます。
    私はツーリングが趣味なので、休日にはでバイクに乗り、山梨や静岡の山間部まで、仲間と美味しいものを食べに行きます。
    仕事ではみんな真剣なので、お互いぶつかることもありますが、プライベートまで引きずることはありません。お酒が好きな社員も多いので、飲み会の席でお互いの意見を言い合い、ストレスを溜め込まないようにしています。

  • 周囲の人のために、知識を深める

    私のように法学部出身でも活躍できたのは、一人ひとりのやる気を尊重する当社だからこそと考えています。いろいろなことに好奇心を持つタイプなので、多くの知識を吸収できる環境が合っていたのかもしれません。
    仕事を進めていく上では、今まで以上に「効率」を大事にしていきたいと考えています。効率を重視することで、自分の時間だけでなく、周囲の人の時間をより有効に使うことができます。そのためには、図面をもっと早く描けるように機器やケーブル特性、ネットワークの知識をさらに深める必要があると実感しています。
    これから就職を目指す人たちに対しては、「初めのうちは、分からないことだらけなのは当たり前」と伝えたいです。不安に思うだけでなく、むしろ不安を糧として、いろいろな知識を身に付けて欲しいと思います。分からないことを恥ずかしいと思わず、コミュニケーションのきっかけとして、積極的に飛び込んでいってください。

社員を知る